本文へスキップ

古き町並みを照らし出すのは幻想的な竹灯り

NPO法人ネットワーク竹原TEL.0846-22-0214

〒725-0022 広島県竹原市本町1-9-11

コンセプトイベント概要

◆イベント名称
町並み竹灯り〜たけはら憧憬の路〜
◆開催目的
市民参加による「町並み竹灯り〜たけはら憧憬の路を開催し、竹原の地域資源である「町並み」「竹」「人情あふれる人」を融合し、町並みの魅力を最大限活かすとともに、様々な立場の人たちがイベントに携わることによって、まちづくりの機運醸成を行い、市民が自信をもちながら「住んでよし、訪れてよし」のにぎわいのまちづくりを推進することを目的とする。
◆主催
たけはら憧憬の路実行委員会
◆開催日
10月最終の土曜日・日曜日
(10月最終土曜日が末日の場翌日曜日が11月になる場合があります)
◆開催場所
町並み保存地区(竹原市本町)及びその周辺
・臨時駐車場:竹原小学校・竹原市職員駐車場
・交通:JR竹原駅から徒歩10分
◆イベント内容
・竹灯りによるライトアップ
・建物等のライトアップ
・竹オブジェの作成
・まちかどアートギャラリー
・ライブイベント
◆憧憬の路構想
町並みの魅力は建造物ではありますが、訪れる人々は、建物が見える自分の立つ「路地」や「通り」に憧憬の念を抱くのではないでしょうか・・・。

「路」から見える佇まい、
「路」でおこる出会いとふれあい、
「路」と「路」とのつながりによる交流の広がり、
「路」と「路」のつながりによるルートづくり、
「路」による懐かしさや広がりを基本にし、
「路」にあらゆる思いを込め、

憧れと懐かしさの中に、
ひとときの安らぎを感じることのできる
観光と創作活動のまち


を目指す将来像とします

             ※たけはら町並み観光ビジョンより抜粋(平成11年策定)
◆「町並み竹灯り〜たけはら憧憬の路〜」は平成11年度策定した「たけはら町並み観光ビジョン」に基づき、町並み保存地区における夜のイベントを模索する中で誕生したイベントです。最初は松阪邸や照蓮寺等でお月見の会を開催することから始まり、現在の竹に灯りを灯す原型が生まれました。その後、国や市の予算が獲得でき上記憧憬の路構想を元に平成15年より開催、現在のイベントに至っています。当NPO法人では設立当初より企画運営に深く携わり竹灯りの制作、ライブイベントの企画運営など行ってまいりました。町並みと竹灯りを融合させ幻想的な雰囲気の中で、日頃見る町並みの光景とは違った雰囲気を味わって頂きたいと、企画運営しています。ぜひお越しいただき体感していただきたいと思います。
店舗イメージ

shop info.店舗情報

NPO法人ネットワーク竹原

〒725-0022
広島県竹原市本町1-9-11
TEL.0846-22-0214
FAX.0846-27-9220






2017年ポスター